【正直に説明】空き家を駐車場にして活用する方法を解説。駐車場運営のメリットとデメリットも

「空き家を駐車場にしようと検討しているんだけどどうかな?」

「空き家を駐車場にするメリットと・デメリットを教えてほしい」

「空き家を駐車場にしたら正直儲かるの?」

エキスパートさん

こんにちは! 中野・杉並・練馬を中心に、東京で不動産を営んでいるSKD不動産です。

今現在、住む予定のない空き地の活用方法に悩んでいませんか?

空き家をそのまま放置すると維持費がかかってしまうので、少しでも活用したいですよね。

そこで今回は、空き家を「駐車場」にする方法を解説します。

この記事を読めば、駐車場を運営するノウハウ」や「駐車場を運営するメリット・デメリットがわかりますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

空き家を駐車場にする前に知っておきたい固定資産税について

空き家を駐車場にする前に知っておきたい固定資産税について

空き家を駐車場にする前に知っておきたいのが固定資産税についてです。

新人くん

固定資産税が何か問題でもあるんですか?

エキスパートさん

駐車場を運営する場合、固定資産税の特例措置が受けられなくなるんです。

なぜなら一般的な住宅は建物の平米数により固定資産税の特例措置があり、支払う税金が軽減されるからです。

固定資産税の特例『住宅用地の特例』とは

固定資産税の特例は『住宅用地の特例』といい、住宅用地とは、人が住んでいる、もしくは住んでいた建物のこと。

種類平米数軽減率
小規模住宅用地
200平米以下の部分6分の1
一般住宅用地
200平米超の部分3分の1

空き家は住宅用地に該当するため、『住宅用地の特例』が適用され、上の表のように固定資産税が抑えられています。

更地にすると『住宅用地の特例』は適用されない

しかし空き家を駐車場のような更地にすると、住宅用地の特例が適用されません

したがって本来の固定資産税が土地にかかるのです。

ですから、駐車場にする場合、維持費が上がることを覚えておきましょう。

空き家を駐車場にするメリット

空き家を駐車場にするメリット

空き家を駐車場にするメリットを見ていきましょう。

収入を得られる

空き家を駐車場にするメリット
収入を得られる

最大のメリットは収入を得られること

新人くん

維持費がかかる空き家を活用でき、なおかつ収益を得ることができるのは一石二鳥といえます。

のちほど説明する駐車場の種類によって、スポット収入や安定した収入が見込めるでしょう。

土地の転用がしやすい

空き家を駐車場にするメリット
土地の転用がしやすい

土地の転用がしやすいことも大きなメリットです

駐車場は最低限の機器さえあれば始めやすく、辞めるのも簡単だからです。

エキスパートさん

また駐車場を辞めたとしても、そのまま土地を売却したり、新しく上物を建てて住んだり、賃貸として運用できます。

駐車場は土地の転用がしやすいといえるでしょう。

手がかからない

空き家を駐車場にするメリット
手がかからない

駐車場の運営は基本的に放置で問題ありません

自動販売機のように機械で対応できるからです。

新人くん

また駐車場を専門に扱っている管理会社に委託すれば、土地や機器の設置などもすべて行ってくれます。

賃貸や民泊と違い、一度構築してしまえば最も手がかからないといえます。

空き家を駐車場にするデメリット

空き家を駐車場にするデメリット

続いては空き家を駐車場にするデメリットをお伝えします。

駐車場に向いていない立地がある

空き家を駐車場にするデメリット
駐車場に向いていない立地がある

すべての土地が駐車場に向いているわけではありません

立地に左右されやすいビジネスモデルのため、場合によっては駐車場よりも賃貸や民泊のほうが需要があるかもしれません。

事前に土地の特徴をリサーチしておきましょう。

初期費用がかかる

空き家を駐車場にするデメリット
初期費用がかかる

空き家を駐車場にする場合、初期費用がかかることも覚えておきましょう。

具体的には空き家を解体して更地にする費用、駐車場の設備投資代などです。

しかし、アパート経営やマンション経営に比べると初期費用は少なくて済みますし、駐車場の運営を専門でやっている会社にお任せした場合は初期費用が安く済むこともあります。

税金が高くなる

空き家を駐車場にするデメリット
税金が高くなる

最初に説明したとおり、駐車場は固定資産税の優遇を受けられない点もデメリットです。

空き家のままでも税金がかかりますが、更地の場合は優遇処置がないため、値段が上がってしまいます。

駐車場を運営する前に、ランニングコストがどれくらいかかるのか計算しておきましょう。

駐車場の形式とタイプ

空き家を駐車場にする場合の駐車場の形式とタイプ

空き家を駐車場として運営する場合、次の2点を事前に決めておく必要があります。

駐車場の形式」と「駐車場の地面のタイプ」です。

それぞれに特徴があるので説明します。

駐車場の形式

駐車場の形式は、大きく次の3つにわけられます。

  • 月極駐車場
  • コインパーキング
  • ハイブリッド型

形式によって、それぞれ特徴が異なります。

月極駐車場

空き家を駐車場にする場合の駐車場の形式とタイプ
月極駐車場

1番安定した収入が期待できるのは月極駐車場です。

契約の台数分、定額の収入を得られるからです。

エキスパートさん

時間単位のコインパーキングに比べ収入は低くなりますが、計算しやすく安定しているといます。

コインパーキング

空き家を駐車場にする場合の駐車場の形式とタイプ
コインパーキング

次にコインパーキングです。

常に満車の場合は月極駐車場よりも高い収入を得られます。

ただし立地と時間帯に依存するため、月極駐車場に比べると収入に波があり安定しません。

エキスパートさん

月額駐車場に比べるとハイリスクハイリターンといえるでしょう。

ハイブリッド型

空き家を駐車場にする場合の駐車場の形式とタイプ
ハイブリッド型

最後は、月極駐車場とコインパーキングを両方設置するハイブリッド型です。

月極駐車場とコインパーキングを両方をあわせもつため、月極駐車場の安定性+コインパーキングの利益を狙えます。

ただし両方のデメリットも兼ね備えているため、どちらも中途半端になってしまう可能性もあります。

エキスパートさん

月極駐車場とコインパーキングどちらに向いている立地かわからない場合は、一度ハイブリッド型で運営し、利用が多いほうに転換するのも一つの手です。

駐車場の地面のタイプ

駐車場の運用形態を決めたら、次に駐車場の地面のタイプを選択しましょう。

  • 砂利駐車場
  • アスファルト駐車場
  • コンクリート駐車場

砂利駐車場

空き家を駐車場にする場合の駐車場の形式とタイプ
砂利駐車場

アスファルトやコンクリートに比べ、1番費用が抑えられ簡単にできるのが砂利駐車場です。

ただし、砂利のため車が汚れてしまったり、場合によっては車を傷付けてしまったりすることもあります。

またメンテナンス維持に、時間とお金を取られてしまうのもデメリットといえるでしょう。

アスファルト駐車場

空き家を駐車場にする場合の駐車場の形式とタイプ
アスファルト駐車場

続いてアスファルト駐車場です。

砂利に比べ地面は整備されていますし、コンクリートに比べ費用は安く工期も少なくて済みます。

ただし、コンクリートよりも耐久性は弱くなりますし、砂利駐車場よりも費用はかかります

いい意味でも悪い意味でも、砂利駐車場とコンクリートの中間といえるでしょう。

コンクリート駐車場

空き家を駐車場にする場合の駐車場の形式とタイプ
コンクリート駐車場

最後はコンクリート駐車場です。

コンクリートは、アスファルトに比べ費用は高くなり、工期も長くなるデメリットがあります

しかし、一度整備してしまえばほとんどメンテナンスがいりません。

耐久性が高く手入れもしやすいため、維持も楽です。

地面の質としてはコンクリートが1番ですが、費用の兼ね合いもありますので、あなたに合った駐車場タイプを選んでみてください。

空き家を駐車場にする場合の注意点

空き家を駐車場にする場合の注意点

続いて、駐車場の注意点について説明します。

注意点はこちら。

駐車場に適している立地かリサーチする

駐車場に適している立地かリサーチする

空き家を駐車場にするうえで1番大切なのが、駐車場に適している立地かリサーチすることです。

なぜなら、需要がない地域で駐車場を運営しても利益がでないからです。

駐車場は周辺の環境が非常に大切な要素になります。

エキスパートさん

たとえば駐車場が乱立している場合でも、常に満車になっているなら需要に対して供給が追いついていないともいえます。

逆に駐車場が少ない地域でも、車が止まっていなければそもそも需要がないのかもしれません。

このように周辺の駐車場の状況や、車の流れ、交通量などをしっかり観察し、駐車場に適している地域か確認しましょう。

地域に応じて月額にするのかコインパーキングにするのか決定する

地域の需要に応じて月額にするのかコインパーキングにするのか決定する

周辺のリサーチが終わったら、月極駐車場にするか、コインパーキングにするか決めましょう。

エキスパートさん

たとえば、住宅街で月極駐車場が足りていない場合は狙い目です。

また行列のできる飲食店の近くにコインパーキングを設置するのもありでしょう。

どちらが適しているかわからない場合は、ハイブリッド型にして様子を見るのもありです。

地域の需要を見て駐車場の形式を決定しましょう。

適していない場合は駐車場“以外”の選択肢を選ぶ

駐車場に適していない場合は駐車場“以外”の選択肢を選ぶ

周辺をリサーチした結果、「駐車場に適していない」と判断する可能性もあると思います。

その場合は、駐車場“以外”の選択肢も検討しましょう

エキスパートさん

空き家の活用方法はなにも駐車場だけではありません。

必要に応じて、駐車場以外の活用方法を選択できるようにしていきましょう。

駐車場以外の空き家の活用方法

駐車場以外の空き家の活用方法

駐車場に向いていない土地の場合、どのように空き家を活用していけばいいのでしょうか?

代表的な活用方法は次の3つ。

空き家を賃貸にする

駐車場以外の空き家の活用方法
空き家を賃貸にする

最初にオススメする方法は、空き家を賃貸にすることです。

駐車場以上に安定した収入が見込めるのは賃貸ならではだからです。

賃貸の詳細は『【これだけ見ればOK】空き家を賃貸にする方法を解説!メリットやデメリットも紹介』をご覧ください。

空き家を民泊にする

駐車場以外の空き家の活用方法
空き家を民泊にする

続いては、空き家を民泊にして活用する方法です。

2017年にできた民泊新法は、簡単に民法を運営しやすくなりました。

民泊の詳細は『【保存版】空き家を民泊にして活用する方法を解説。新法民泊のメリットとデメリットも正直に説明』をご覧ください。

空き家を売却する

駐車場以外の空き家の活用方法
空き家を売却する

最後は、空き家を売却する方法です。

主な活用方法が見つからい場合や毎年かかる維持費を支払いたくない場合は、売却するもの手です。

空き家の売却費によっては税金は発生しますが、税金を抑える特例や控除対策が整っています。

詳細は『【必見】家を売るときにかかる税金はいくら?計算方法と知らないと損する節税方法も紹介』をご覧ください。

空き家の活用方法ならSKD不動産にお任せ

空き家の活用方法ならSKD不動産にお任せ

以上、空き家を駐車場にする流れを説明しました。

気になる点があれば、上のリンクから再度お好きなページに飛べますので確認してみてください。

空き家をそのまま放置すると、維持費だけがかかります。

しかし駐車場にできれば、維持費を回収しながら収入を得ることができます

注意点も含めて、ぜひ検討してみてください。

エキスパートさん

SKD不動産では、リフォーム業や住宅のコンサル業も専門資格を持った住宅のプロが対応いたします。

新人くん

ささいないことでも構いませんので、まずはお気軽にご相談してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる